ブログ / 強み発見のコツ

Posted on 2011-09-23
当たり前にやっていることに、強みが眠る  

前回の強み発見シリーズ その2は、短所が強みですよという内容でしたね。

記事はコチラ

あなたの短所が強み

いかがですか?
短所を強みに変換できたでしょうか?

時間がかかる場合もありますので、
ぜひ継続して考えてみてくださいね。

さて、今回は、毎日の生活から強みを見つけてみましょう。

強みというのは、往々にして、
本人が苦もなく、何気な~く当り前にやっていることに眠っています。

あまりにも当たり前にやっているために、
本人はなかなかその強みに気付けないのですね。

そして、他人の魅力にばかり目がいって、
「ああ、自分って才能ない…」とガクリと肩を落としたりして。
(うう、よく分かります。私もそうでした)

ちょっと、もったいないですよね~。

今回は、何気なく当たり前にやっていることから
強みを見つけてみましょうね。

例えば、あなたが毎日、必ずすることは何でしょうか?

私の知り合いには、
必ずスポーツ新聞のHPを立ち上げる人がいます。
そこで、スポーツに関する目新しい情報がないかチェック。

気になるものがあれば深くリサーチし、小さなネタも拾います。
さらに、その日に出会った人に話題をスポーツネタを提供し、
場を盛り上げて、相手を喜ばせたりして・・・。

これは、本人にとっては、当り前の作業だったりします。
「だから何?」「これがどうしたの?」ってなモンです。

でも。

世界人類、皆が皆、それをしているわけじゃないんです。

特に、私は、スポーツネタはほとんど見ません(笑)
だから、ビッグニュースをほとんど知らないのですね。

なでしこジャパンとか、大相撲とか、野球とか、オリンピックとか…。
(友人に驚かれ、笑われますよ!)

・・・恥ずかしながら、スポーツ情報にあまり興味がないのです。

そんな私にとって、
「毎日スポーツニュースを見て、調べて、人に伝える」ことは
苦痛以外の何ものでもない。

情熱がわかないのです(笑)
(スポーツ好きの人、ごめんなさいネ)

だから、それを軽々やっている方は、
それ自体が強みといえますよね!

そんな私は、料理を作ることは苦痛じゃないんですねー。

ほぼ毎日、食材を買って自分で料理を作ります。

料理本を見るだけでワクワクするし、
レシピを見て、あれこれ作ってみるのが好きです。

ですが、世の中には、料理が苦痛という人もたくさんいますよネ。
だから、私にとって、料理ができるは強みの1つですね。

でも、スポーツ情報に詳しい、料理が得意というのは、
割と表面的で、分かりやすい強みです。

 

今回は、もう少し突っ込んでみましょう。

次に、こう質問してみてください。

「スポーツニュースを見る行動の中で、どの点が楽しいんだろう?」
「スポーツニュースを知ることの、どこが面白いんだろう?」
「スポーツニュースの、どこが好きなんだろう?」

その答えが、あなたの強みの核につながってきます。

「今、この瞬間、世界で起こっていることが把握できると楽しい」
かもしれないし、

「スポーツに対して、自分の意見を言うのが面白い」
かもしれないし、

「スポーツ選手の人生ドラマを知り、応援するのが好き」
かもしれない。

 

次に、この答えだけを他人事のように客観的に眺めてみてください。

すると、
「鳥瞰的に世界を見ることが得意」
「自分なりの意見を組み立てて伝えるのが得意」
「誰かを応援するのが得意」

と、こんな風に分析できませんか?
(誌面の関係上、ざっくりとですけど)

この部分が、その人の強みの核にあたります。

そして、それは意外にスポーツだけでなく、
他のどんな事に対しても、そうだったりします。

その核って、その人のオリジナリティ。
変わらない強みだったりします。

強みの核の部分を知っていると、
自分がブレたり、揺らいだりしたときに有効。

本来の自分に戻ってこれるのですね。
まずは、
毎日、当たり前にやっていることは何かを思い出してみましょう。

そして、なぜなぜ? とちょっと掘り下げて、
客観的に眺める作業をして、
自分の強みの核を探してみてくださいねー♪

【関連記事】
強み発見のコツ まとめ
強み発見シリーズ その2 あなたの短所が強みです
強み発見シリーズ その4 強みになる部分は、嫉妬にひそむ

DSC_2709


Related Posts

 

Comment





Comment